ブログ 投資

始めるの 遅すぎ? 50代で初めての海外投資 しかも25年も積み立てるのって長すぎる?

このブログ(海外投資百科)を始める前のメルマガ時代からずっと購読いただいていたが、つい先日(2021年10月)、初めての海外投資をされました。

ある程度 時間が経ってから改めてご連絡をいただいたり行動されたりするのは、ブログの更新やメルマガの発信が信用構築になっているように感じて、とても嬉しいです。

 

50代になって初めての海外投資は遅すぎる?

人にはタイミングというものがありますよね。

積立て投資はできるだけ早く始める方がいいと思いますが、自分の経験からも誰かに煽られて始めてしまったことは、長続きしません。

 

何歳でも年齢に関係なく自分のタイミングで始めるほうが、いいに決まっています。

 

若い頃は多趣味で浪費家でしたから全くお金を残しませんでした。 現在、大学2年、高校2年の子供が2人で末っ子が大学卒業までまだ5、6年あります。 会社を経営していると言っても零細で、教育費、養育費がかかることもあり、金銭的余裕はありません。

 

とおっしゃいます。

 

経営者というと 金銭的に余裕がありリッチなイメージがありますが、実際は入ってくるものも大きいかわりに出ていくのも大きかったりして、一般の人とそれほど変わらないということも、少なくありません。

 

65歳くらいからは多少ゆとりができればと思っています。 目標は現状から考えると高めですが、70歳で1億くらいの資産形成ができていればと思います。 事業の融資を受けるために銀行に買わされた投資信託は、もういつ解約しても構いません。株も手放していいと考えています。

 

とのことでした。

 

現時点の投資

海外投資は未経験でしたが、国内での投資歴は短かくありません。

また、会社経営で金融機関から借入を受けるために投資信託購入や定期預金をされていました。

 

【現在の投資】
・ワールドリート
・外国株式インデックスファンド
・国内株式インデックスファンド
・電力会社の株
・金融機関の株
・自動車メーカーの株
トータルの時価 約500万円(現時点で投資額マイナス15%ほど)

【気になることや考え】
・法人では借入が多いので、自分のために準備してある退職金もその返済に使わないといけないかもしれない
・海外の方が将来性が高いと思うが新興国は投資する金融商品としては未成熟なので避けたい
・銀行で毎月10万円の積立をしている
・日々、投資でアレコレ考えるのは避けたい(お任せあるいはほったらかしにしたい)

【投資に使える資金】

新たな投資資金として300万円と、現在のポートフォリオから解約したものをプラスしたい

【今後投資に使える年収からの資金】

200万円程度/年

 

とのことでした。

 

まずは毎月の積み立て先を変更

銀行で毎月10万円の積み立てをされていますが、ただ定期預金口座に資金が移動しているだけ。

特に意味はないし、銀行とのお付き合いでしているものではないとのこと。

 

まずはこの毎月10万円の積み立てを見直し、海外積み立て投資を月600ドル(約7万円弱)の 25年払い込みで始められました。

 

no image
インベスターズトラスト エボリューション

続きを見る

 

25年も払い込むと 年齢的に70代後半。

そんなの長すぎるのでは・・・? と思った方もいらっしゃると思いますが、この積み立ては15年間きちんと払い込めば、解約も一部引き出しも手数料なし。

 

つまり、15年払い込んだ60代後半の時点で、続けるか あるいは子供へ契約者を変更し譲渡するか、または 解約して受け取るかを決めることもできます。

 

15年払い込みプランをやっぱり25年に・・・ はできませんが、25年プランを15年、あるいは20年に短縮することはできます。

 

この、「選択肢や可能性を残しておく」という視点も、とても大切ですね。

 

もちろん、全部解約しなくても一部引き出しを活用してもOKです。

 

将来に向けたEIB(オフショア資産管理口座)開設

また、毎月の積み立てだけではなく、一部の株とファンドを解約しそれに新たに投入する資金をプラスして、約400万円でオフショア資産管理口座(EIB)を開設。

 

そこから 英国介護不動産ファンド  に USD20,000 を投資されました。

 

 

この介護不動産ファンドは、国から認可を受けてから不動産への投資&リノベーションを行うため、投資リスクも低いのが特徴です。

また年間の目標リターンは10-12%ですが、実際には他の介護施設のM&Aや投資物件の購入による短期的収益により、年20%という年も出ています。

 

オフショア資産管理口座(EIB)は4名まで共同名義人を設定できます。

いずれ近いうちに家族で共同名義にし、ここから家族の資産形成を行なっていければいいなと考えておられます。

 

 

相談をするときに大切なこと

お金に限らずですが、専門家のアドバイスを受けたり相談事をするときに非常に重要なことがあります。

 

それは、隠さずに全てをきちんと専門家・アドバイザーに伝えていただくこと。

 

私も産業カウンセラーとして企業内でカウンセリングを担当したり、採用面接で応募してきた方への希望条件やご経験のヒアリングなどを行いましたが、恥ずかしいと感じること(本当は恥ずかしいことなどない)を隠して、本音でお話ししていただけないことが少なからずありました。

 

中には、専門家にさえかっこをつけて本当のことや希望、マイナスになっている投資をお話しされない方もいます。

隠しても意味がないのですが、特に男性や経営者の方など、どうしてもプライドが邪魔するようです。

 

むしろマイナスのことや不安なことをしっかりとアドバイザーにお話いただいた方がいい提案ができるので、いい結果が出やすいですね。

上の例の方もまだ結果が出たわけではありませんが、

 

  • 大きな損失を抱えながら放置していたファンドと株式
  • なんとなく積み立てていただけの毎月10万円

に意味を持たせることができました。

【おすすめの本】

文系の人でもわかりやすい!超オススメの本です。

不定期でメンバー専用コンテンツも配信。メルマガやライン公式でパスワードをお伝えしています

メルマガ登録(リザーブストック)

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

【成幸へのプロジェクト】海外投資・ファンド情報のメルマガ登録はこちら か、

下のQRコードで

LINE公式でお友達に!

お金や経済、海外投資について情報を発信しています。下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにご登録ください。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

=おすすめ=なぜ円だけではなく外貨建てが必要か

なぜ日本円だけでなく外貨で、しかもできることなら日本以外で日本円以外の資産形成や運用をした方がいいというのか。その思いや考え方をすべて網羅し、しかも私がお伝えするよりも格段にわかりやすい資料と音声コンテンツがこちら。

特に、第2部の「隠された日銀の真の目的とは?」 「ほとんどの人の目には見えない税金の正体」 や、第3部の「初心・中級・上級者向け お金を守るための対策」は、必聴です!

 
 

詳しくはコチラ

 

-ブログ, 投資

© 2022 海外投資百科