パートナー ブログ

やばいかも 個人FPはもちろん 直販営業マンも不要になる時代

セブンイレブンで保険が買える時代。

 

もう 保険会社に所属する直販営業マンは不要な時代になりつつありますよね。

 

保険会社は今後もますます売り上げを上げていかないといけません。

そして同時に コストもカットして収益率を上げていかないといけません。

 

そうなると、一部歩合制ではあるものの固定給もある直販社員から売り上げを上げるよりも、販路先を外注してそこから売り上げを上げていく方が会社のコストは下げられます。

 

本当にお客様にきちんと増える商品を提案したい方へ

 

昔は、「ニッセイのおばちゃん」に代表される保険外交員から保険の説明を受けて契約するのが普通でした。

 

でも今は、ライフネット生命のような インターネット専業保険会社もどんどん出てくるでしょうし、その方が 保険を契約する方もいちいち営業の方と時間を合わせて対面しなくても良いので、楽です。

 

アメリカでは直販社員という概念がないそうです。

直販社員はクライアントと利益相反になるという考えがアメリカにはあるからです。

 

金融において、欧米の流れや方式が10数年遅れて日本に浸透してくるという現実がありますが、あと数年もしたら日本のほとんどの保険会社で直販営業部門を持たなくなるのではないでしょうか。

 

お金の知識を持った人はますます重宝される時代

でも、保険などの金融商品をはじめ、お金そのものの⁠知識を持った人は、ますます重宝されてくるはずです。

 

保険外交員や証券マンといった、金融商品を扱える人だけでなく、「中途半端な資格」などと言われるFP(ファイナンシャルプランナー)も、その気になれば今よりも活躍の場が広がると思っています。

 

なぜなら、これからますますあらゆる格差が広がりますが、それだけに その人のライフプランにあった個別の対応や提案ができる人が必要になってくると思うからです。

 

自社の都合(上司が「売れ」と言った商品)ではなく、本当にお客様の資産が増える商品を提案したい!

そんな思いを持ったお金の専門家が必要な時代です。

 

 

保険の直販営業マンだって、

  • 本当は他社商品の方がこの人には合うだろうな・・・
  • 本当はお金を増やすには日本の保険じゃなく海外を活用したほうがいいのにな・・・

と思いながら、会社と自分の収入の確保のために自社商品が唯一無二のベストな商品ですと、提案している人も少なくないですよね。

 

最低最悪の運用でも、積み立て元本の140〜160%が満期の時にしっかり確保される積み立てや、被保険者を何度でも交代でき、何代にも渡って資産を築き上げることができる運用保険、年間利回り20%を超えるファンドを、自分の提案ラインナップに加えたい

そのように考える方がおられたら、ヘッジファンドやIFAとのお繋ぎをさせていただけるかもしれませんので、ぜひお問い合わせください。

 

副業(複業)パートナー 本業との棲み分けも可能

続きを見る

 

LINE公式でも情報をお送りしています!

LINE公式でお友達に!

お金や経済、海外投資について情報を発信しています。下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにご登録ください。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

-パートナー, ブログ

© 2022 お金の学び 情報サイト