パートナー ブログ

自分の都合を優先しないで選択肢を提案すると自ずと選ばれる

国内生保勤務の営業の方によると、やはり対面での営業活動は厳しい状態が続いているようです。

ただ、特に2022年に入って次々と実施される生活用品の値上げ(インフレ)や今後の収入見込みなどから現在の保険を払い続けられるか不安に感じている人や、そもそも保険の見直しをしたい人は少なくないとのこと。

なので、お問合せ自体は増えているのが現状だそうです。

 

自分の都合を優先しないで選択肢を提案すると自ずと選ばれる

私の会社の商品だとこっちだけど、私はこっちで積立してる。

海外に抵抗がないようなら比較してみたら?

 

友人に子供が生まれお祝いを贈ったところお礼の電話があり、そこから子供の将来の教育費の話になったとのこと。

 

自分が保険会社に勤めていることは友人ももちろん知ってくれているので、何気ない会話のふりをして相談してくれているんだな〜と感じたとのことでした。

 

後日、赤ちゃんを見がてら訪問することになり、その時に自社商品(← まぁまぁ人気の商品)の案内と共に、投資元本の140%を確保できる積立投資 の設計書と案内も持って行って上のように伝えたところ、ご主人とも相談された上で 毎月200米ドル  x 15年のプランでスタートされたとのこと。

 

代表的なインデックス S&P500 の成長の合わせて成長し、万が一の時にも投資元本の140%が確保されるということに期待と安心感を持たれた結果とのこと。

 

保険会社に勤める身としては、本当はルール違反なのでしょう。

会社に知られたら、きっと怒られますよね。

 

でも、私がお客の立場なら、お金の相談をした先でそうやって選択肢を提示、提案してもらえると嬉しいです。

 

元本確保には条件がある

投資元本の140%を確保するためには、少し条件があります。

 

その条件とは、

  • 契約期間中、支払いが滞らないこと
  • 一部引き出しなどがないこと

ですが、お友達ならいろいろな面でサポートしたり相談に乗りやすいですよね。

 

また、

他社で加入している医療保険や家の損保などにも専門外とはいえ 相談に乗って差し上げることができ、公的な保険でカバーできる範囲をお伝えして医療保険の見直しにつながるなど、とっても喜んでもらえたそうです。

 

そして、見直したことで保険料が少し削減でき、「15年頑張ってなんとしても最低限元本の140%は受け取るわ!」と、さらにモチベーションアップに繋がったとのことでした。

 

仕事って、もちろん収入を得るためにやっていますが、やっていることでお客さまやお友達に喜んでもらえたら、本当に嬉しいですよね。

 

副業(複業)パートナー 本業との棲み分けも可能

続きを見る

 

決めるのはお客さま

当たり前のことですが、最終的な決定権はお客さま(お友達)にあります。

つい 自分や会社の都合をお客様に押し付けがちですが、自社が扱っている商品と海外の商品をちゃんと数字(設計書)で提示して比較していただき、選んでもらうことが大事です。

 

数字を比較すれば海外を選ぶと思いますが、それでも国内の商品の方がいいという方も少なくない。

そこは自分の都合を押し付けず、勤め先の商品を選ばれても海外を選ばれても、パートナーにはメリットがありますので へんな駆け引きをしないことが信頼を獲得し続けるために重要だと思います。

 

お問い合わせは  こちらのフォーム か、下のSNSなどからお願い致します。

【おすすめの本】

文系の人でもわかりやすい!超オススメの本です。

不定期でメンバー専用コンテンツも配信。メルマガやライン公式でパスワードをお伝えしています

メルマガ登録(リザーブストック)

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

【成幸へのプロジェクト】海外投資・ファンド情報のメルマガ登録はこちら か、

下のQRコードで

LINE公式でお友達に!

お金や経済、海外投資について情報を発信しています。下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにご登録ください。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

=おすすめ=なぜ円だけではなく外貨建てが必要か

なぜ日本円だけでなく外貨で、しかもできることなら日本以外で日本円以外の資産形成や運用をした方がいいというのか。その思いや考え方をすべて網羅し、しかも私がお伝えするよりも格段にわかりやすい資料と音声コンテンツがこちら。

特に、第2部の「隠された日銀の真の目的とは?」 「ほとんどの人の目には見えない税金の正体」 や、第3部の「初心・中級・上級者向け お金を守るための対策」は、必聴です!

 
 

詳しくはコチラ

 

-パートナー, ブログ

© 2022 海外投資百科