株式や債券相場と相関性が低いオルタナティブは、「お金を守る」ためにもポートフォリオに加えておくといいね!

 

オルタナティブとは

非伝統的資産と呼ばれたり、日本語では「代替投資資産」と言われたりする。

株式や債権など日々マーケットで売買され、流動性や兌換性が高い「伝統的資産」との相関性が極めて低い。

 

年金基金や金融法人が積極的に活用し投資比率を高める傾向にあり、伝統的資産との相関性を低くすることでリスクコントロールに活用している。

 

例えばこのブログでは

例えばこの記事 ⬇︎ では、

せっかくの元本確保型ファンド 手数料を払ってまで途中解約し別ファンドに乗り換える理由

続きを見る

 

オルタナティブという言葉を、

リスク資産を含み益があるうちに利益確定し、その代替としてオルタナティブを活用するのも一つの案

といった意味合いで使っている記事を書いています。

 

 

© 2021 海外投資百科