資産保全をしているから安心度が高いです。カストディアンバンクは バンクオブニューヨーク・メロンです。といった使い方をしています。

 

カストディアン(カストディアンバンク)とは

管理人・後見人を意味しています。

内外の機関投資家が世界の主要金融・資本市場へ証券投資する際の常任代理人。

投資家の基金を預かり、その指示で株式・債券の受け渡し、保管・決済を一手に行ないます。

 

一般に、

投資家の資金と機関投資家(金融機関)の運営資金を分けて管理するために、カストディアン・バンクを使います。

そうすることで、投資先の経営に万一のことがあっても、(一応)投資家の資金は保全されます。

 

著名なカストディアンとして、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JPモルガン・チェース、シティバンク、ステート・ストリート・バンク&トラストなどがあります。

日本のカストディアンは、日本マスタートラスト信託銀行、資産管理サービス信託銀行、日本トラスティ・サービス信託銀行の3行です。

 

例えばこのブログでは

例えばこの記事 ⬇︎

ドミニオンの元本確保に近い仕組み PIP(資産保全)機能とは

続きを見る

では、

ドミニオンキャピタルストラテジーのPIPのカストディアンは、バンクオブニューヨーク・メロンです。

と、カストディアンという言葉を使っています。

 

 

 

 

© 2021 海外投資百科