ヘッジファンド=金の亡者、ハゲタカ のように弱いものいじめや悪いことをする集団のように捉えている人も、特に投資をしない人の間で少なくないみたい。投資家として、ヘッジファンドは活用すべきものですね!

 

ヘッジファンドとは

金融派生商品など複数の金融商品に分散化させて、高い運用収益を得ようとする代替投資の一つ。

「ヘッジ」とは 避けると言う意味。

つまり、上昇相場でも加工相場でも様々な手法や投資先を駆使して資産を失うリスクを避けた運用をしてくれるのが、ヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドは私募投信(しぼとうしん)といって限られた人のみが出資して運用するファンドがほとんど。

私募と言っても、運用元や投資先がよくわからないものではなくそれらが明確なものに投資すべきなのは、当然ですね。

 

このサイトでも時々ヘッジファンドの募集状況を記事にしていることがあります。

 

例えばこのブログでは

例えばこの記事 ⬇︎ では、

年10%程度の安定した利回りを期待できるドイツの「つなぎ融資」のファンド

続きを見る

「つなぎ融資ファンド」について記事にしています。

 

またこの記事 ⬇︎ では、

元本保証? 年利15〜20%を期待しつつ欧州の銀行が投資元本をしっかり守る 元本確保型ファンド

続きを見る

「元本を大手銀行がある程度確保してくれるファンド」について記事にしています。

 

 

 

© 2021 海外投資百科