オフショア(OFFSHORE)という言葉は、「海外で」という意味で使われたり「本社や本体とは別に」といった使われ方をすることもあるね。

お金の世界では「タックスヘイブン(租税回避地)」での投資という意味合いで使われることが多いね! でも、オフショアと言っても必ずしも税金がかからないという意味ではないことに注意が必要だよ!「

 

 

オフショアとは

オフショアとされる国や地域では、外国の投資家や企業の資産管理を積極的に受け入れるために「金融センター」を設け、金融面や税制面に対する合法的優遇措置のある「特別金融区」を設けています。

 

この区域においては、投資や事業によって得た収益に対して税金がかからない(または税率が極めて低い)などのメリットがあるため、別名で「タックスへブン(租税回避地)」と呼ばれることもあります。

 

世界中の企業や資産家(富裕層)などが活用しており、通常、魅力的な金融商品、安全性や安定性、守秘性や保護、非課税といった点で資産の運用先としてメリットがありますが、その一方で情報が非常に入手しにくいという側面もあります。(オフショアを活用して資産運用することは何も富裕層に限ったことではありません)

 

オフショアには、先進国同様に、またはそれ以上に法制度を整え、政治や経済も安定しているところがjほとんどです。

そうでないと安心してお金を運用できません。

 

以下は、オフショアとして代表的な地域です。

 

<アジア・太平洋・アラブ>

香港、シンガポール、マカオ、バヌアツ、セイシェル、ドバイ

 

<ヨーロッパ・地中海>

マン島、ジャージー島、ガンジー島、チャンネル諸島、モナコ、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

 

<大西洋・カリブ海>

ケイマン島、ヴァージン諸島、バハマ、パナマ、バミューダ

 

 

例えばこのブログでは

例えばこの記事 ⬇︎ では、

オフショアとは

続きを見る

 

オフショアを活用するメリットや私が初めてオフショアを活用した投資をした経験を書いています。

 

 

 



© 2022 海外投資百科