ブログ(https://kaigaitoushi.net/)の記事で使っているワードや投資・資産形成において知っておいた方が良いワードについて、簡単に解説しています。

記事内容の理解に少しでもお役に立てばいいなと思います。

 

「禁じ手」と言われる財政ファイナンス。いくら借金をしても日銀が買い入れてくれるから安心だ! 日銀総裁は、日銀による国債買い入れは財政ファイナンスではない と繰り返し強調しているぞ! どう思うかね?

 

財政ファイナンスとは

財政赤字を穴埋めするため、中央銀行が政府の国債などを直接引き受ける(買い上げる)こと。

 

中央銀行が通貨を発行し、国の財政赤字を直接補填(ほてん)する行為であり、中央銀行が国家財政に資金を供給する(ファイナンスする)という意味の名称である。

 

マネタイゼーションともいう。

 

日本は2013年から始まった 通称:アベノミクス で、年2%の物価上昇目標を設定すると同時に、大量の国債を市中から買い入れて通貨を供給する量的・質的金融緩和(異次元金融緩和)政策を行っている。

 

また、2022年3月から日銀が利回りを指定して(=指値)、国債を無制限に買い入れる措置 「指値オペ」で、無制限に国債を買い入れている。

 

政府と日本銀行は「2%の物価上昇目標という歯止めがかかっており、財政ファイナンスではない」としているが、経済学者や野党、経済界の一部からは「財政ファイナンスであることは明らかで、けっして健全な財政政策とはいえない」との批判が出ている。

 

© 2022 海外投資百科