農業分野だけに特化したファンド。 大きなリターンではありませんが、社会問題に対処するファンドであり、人気が高まっています。

 

農業ローン

農業分野だけに分散をしてローン(貸付)をするファンド。

 

日本もそうですが、世界の先進国では食品の30%以上もロスになっているなど、世界的に問題なっています。

そのために特に欧州にてバイオマス(管理栽培)が流行しています。

 

欧州は先進的な取り組みをしている国も多いですが、その中でもまだまだ遅れている国があります。

その原因の一つが銀行からの貸し渋りによる資金面の問題。

 

そのためこういったリスクを取れ、デューデリジェンスができるファンドが貸付をすることで、銀行金利よりも高いリターンをあげることができています。

 

 

ファンド概要

最低投資金額 USD 100,000〜
※オフショア資産管理口座経由はUSD10,000〜
通貨 USD、EUR、GBP、CHF、SEK、JPY
購入手数料 0%
解約手数料 5%(1年ごとに低減、5年経過後ゼロ)
年平均リターン 5.89%
年平均リスク 0.62%

 

けして高いリターンではありませんが、今後の時代の流れに即した産業や事柄への貸付ファンドのため、需要拡大が見込まれより安定性が増してくると思われます。

 

メルマガ登録

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

ご登録は こちら から

© 2022 お金の学び 情報サイト