グローバルマクロ戦略

100-200銘柄の世界株、世界債券、コモディティ、FXへ投資をします。

ダウンサイドに強く、割安な銘柄へ投資していくことで、上がると+49.47%(2015年)、+85.44%(2020年)S&P500を大きく上回るリターンをあげています。

 

 

こうあるべきという比率は決めずロング(買い)とショート(売り)を使い、その時に必要な場所へ必要なだけ投資をすることで、毎年リターンをあげていくのが特徴です。

 

 

比較対象としているS&P500もこの間相当上昇していますが、それを上回るパフォーマンスを出しています。

また流動性を高く保つことも目標としており、一つの投資先アロケーションを2%以下としています。

 

結果、ミューチュアルファンド同様、毎日売買できます。

 

概要

 

最低投資額 USD 100,000(約1100万円)〜
EIBからは USD10,000(約110万円)〜
通貨 USD、EUR、GBP、CHF
購入手数料 0%
解約手数料 5% (1年ごとに低減、5年経過後ゼロ)
年平均リターン 16.78%
年平均リスク 14.31%

 

最低投資額が10万ドル〜と高いですが、オフショア資産管理口座であれば、1万ドルから投資ができるので、ポートフォリオの中の積極投資資産、流動性の高い資産(毎日売買)として、保有するのがよいですね。

 

メルマガ登録

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

ご登録は こちら から

© 2022 海外投資百科