このファンドに投資することを目的に EIB(オフショア資金管理口座)を開設する方も少なくない優良ファンド。

 

介護不動産ファンド

介護不動産を運営するファンドです。

 

居住者は国から認定を受けている身体障害者&精神疾患者で、家賃は国から支払われるため空室リスク、家賃滞納リスクが極めて低いのが特徴でありメリットです。

 

また国から認可を受けてから不動産への投資&リノベーションを行うため、投資リスクも低いです。

 

年間の目標リターンは10-12%ですが、実際には他の介護施設のM&Aや投資物件の購入による短期的収益により、年20%という年も出ています。

 

オフショア資産管理口座、プライベートバンク口座経由で投資可能で、直接投資(ファンドの購入)は現在のところ受け付けていません。

 

概要

 

最低投資金額 10,000米ドル相当〜 (約100万円〜)
通貨 USD、EUR、GBP、CHF
購入手数料 0%
解約手数料 5%〜0%(5年経過後 0%)
年間平均リターン 18.03%
年間平均リスク 1.75%
売買 毎月 解約の際は180日前に通告の必要

 

一般投資家はオフショア資産管理口座(EIB)からのみ投資可能

このファンドの特徴は、

何らかの経済ショックによる株や債権の下落時にも相関性は低く、リスクのヘッジだけでなく安定的なリターンを期待できること。

 

日本国内に住む日本人がこのようなファンドに個人として参加できることは極めて稀であるので、オフショア資産管理口座(EIB)を開いて検討すべき投資先と言えます。

 

メルマガ登録

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

ご登録は こちら から

© 2022 お金の学び 情報サイト