システマティックデイトレード戦略(ロングオンリー )

ロング(買い)オンリーで米株、インデックス2000銘柄へ売買しますが、すべて同一日内で取引(デイトレード)し、翌日にポジションを持ち越さないようになっています。

 

そのためニュースなどのリリースによる時間外の上がり下がりのリスク(オーバーナイトリスク)を避けることができます。

2020年コロナ禍で105.99%(約2倍)というリターンをあげられたことも特徴的です。

 

最低投資金額 $50,000
オフショア資産管理口座(EIB)からは $10,000〜
通貨 USD
購入手数料 0%
解約手数料 5%(5年経過後は0%)
年率平均リターン 20.46%
年率平均リスク 17.91%

 

ヘッジファンドと言っても ロング(買いポジション)のみでショート(空売り)はしません。

 

投資対象は約2000銘柄の米国株とインデックス。

 

アルゴリズムによるシステマティック売買。

ポジションは、日をまたいだ持ち越しはせず全てデイトレードで、100%現金ポジションで翌日の市場再開を待ちます。

 

これにより、株式市場で取引がストップしている間に発表されるニュースなどのイベントリスクがなくなります。

 

  • 2010年:9.84%(5月〜)
  • 2011年:21.60%
  • 2012年:33.32%
  • 2013年:6.13%
  • 2014年:10.98%
  • 2015年:11.35%
  • 2016年:-12.82%
  • 2017年:20.40%
  • 2018年:-15.19%
  • 2019年:27.64%
  • 2020年:105.99%

2021年は現時点までで18.53%です。

2020年はコロナ禍の中での100%超えという極めて高いリターンを上げたことで、世界の投資家からこのファンドに注目が集まりました。

 

オフショア資産管理口座(EIB)からなら1万ドルから投資できるので、一部リスクをとって高いリターンを望める投資先として、持っておくのがよいですね。

 

そして、昨年のように高いリターン(かねがね50%を超えるようなリターン)があったときは、すぐに利益を確定しておくと良いですね。

© 2022 海外投資百科