FTライフ リージェントプライム 2 商品概要

FTライフ リージェントプライムは比較的短期で引き出し、早期のリターンを重視する方向きの商品と言えます。

 

予定返戻率は香港保険市場最高レベルの7.1%、保証返戻金の元本確保はこちらも香港保険市場最短の15年。

 

払込終了後の翌年から定期受け取りの設定が可能。

 

保険比較サイトなどでも、常にランキングTOPの人気の保険です。

 

なお、20年超の長期の場合は、リージェントエリートのほうが返戻金が高くなる可能性がありますので、ぜひ比較検討ください。

【FTライフ】リージェントエリート2 商品概要

続きを見る

 

リージェントプライムの商品概要は以下の通りです。

 

商品の概要

商品名 リージェントプライム
インシュランスプラン 2
リージェントプライム
インシュランスプラン
プランタイプ 元本確保貯蓄型終身保険
加入年齢 生後15日〜75歳まで
プラン満期 被保険者が満128歳
(被保険者は何度でも変更可能)
保険料支払い期間
(積み立て期間)
2年 5年
支払い頻度 全期前納/年払い/半年払い/月払い
全期前納の場合、前払い分に利息付与
(変動金利:現行2%)
通貨 米ドル建て
最低保険料(1年あたり) 4,500米ドル〜 3,000米ドル〜
一部引き出し 3年目以降
毎年

保険料総額の5%まで
6年目以降
毎年

保険料総額の6%まで
プレミアムホリデー
(積み立て停止)
不可 4年目から最大2年間

 

注意ポイント

*クレジットカードで保険料を払う場合の注意(FTライフ 共通)*

JCBは使えません。

また、カードブランドに関わらず、発行元が三菱系(三菱UFJ)・三井住友系は使えない可能性があります。

AMEXは全期前納か、1回目の支払いにのみ可能です。

カード払いには以下の手数料がかかります。

【全期前納または1回目】
●VISA/MASTER:1.5%
●AMEX:2.95%

※ 月払いの場合、1回目に2ヶ月分が決済されます。

【2回目以降】
●VISA/MASTER:2.2%
●AMEX:使えません

【初回保険料のみオンラインで決済可能(Visa/Masterのみ)】

一括払いを含む初回の保険料をカードで決済する場合は、申し込み時にオンラインでご自身で決済サービスを利用できます。ただしこのシステムはVisa/Masterのみで、AMEXは使用できません。(JCBも不可)

 

FTライフの信託手数料について

  • 信託名義期間:1 年間
  • 年間保険料 3,000 米ドル (一部の一括払い商品は 30,000米ドル)以上は無料(保険会社が負担します)
  • 年間保険料 3,000 米ドル (一部の一括払い商品は 30,000米ドル)未満は、1,560 香港ドル(200 米ドル相当)

お申し込み後キャンセル時の信託手数料取り扱いについて

  • 本契約書(お申込書)が受理された後のキャンセル(クーリングオフ含む)
  • お申し込み後審査にて引き受け不可となったとき
  • 契約後6ヶ月以内の解約

いずれの場合も

年間保険料額にかかわらず全てにおいて、信託手数料200米ドル(1,560香港ドル)がかかります。(信託手数料分を差し引いた額のご返金となります)

 

 

一括払いオプション

香港の保険の場合、一括で払い込んでも実際に運用が始まるのは年ごとです。

 

具体的には、

年間保険料 5,000ドル 払込期間 5年のプランで25,000ドルを一括で払い込んでも、以下のように保険に組み込まれます。

 

1年目:5,000ドル

2年目:5,000ドル



5年目:5,000ドル

 

一括払いのメリットは、年払いや月払いに比べて保険料が割引になることと、先に納める分(2年〜5年目の分)に(現状)2%の金利上乗せがあることです。

※金利は変動

 

保険運用に組み込まれない前払い分の資金は別口座に信託保全され、万一 解約などの場合は返金されます。

 

例)5年プランで一括払い、3年目で亡くなってしまい死亡保障を受け取ってプランを終了させる場合、死亡保障金と4年目、5年目の保全資金を受益者口座に送金。

 

 

被保険者と契約者の変更が何回でも可能

プランの満期はその時の被保険者が満128歳です。

それまでに何度でも契約者・被保険者ともに変更可能なので、実質 半永久的にプランは継続します。

 

資産を代々受け継ぐことができるので相続プランとしても有効活用できます。

 

ポリシー継続オプション

通常、被保険者が不意の事故や病気で急死した場合、プランの継続ができず受益者が死亡保障を受け取りプランは終了します。

 

しかし、あらかじめ受益者を設定の上 ポリシー継続オプションを設定しておけば、被保険者が急死した場合でも受益者が被保険者となり、プラン継続が可能です。

 

返戻金/死亡保障金の受け取りオプション

残高5万ドル以上の場合、返戻金/死亡保障金の受け取りについて次のような方法が選択できます。

 

1)毎月/半年/毎年/10年間/20年間/30年間から受け取り可能期間を選択

2)逓増受け取り
・最初に特定金額を受け取り後、残額を定期受け取り(毎月・半年毎・毎年)
・受け取り金額は毎年3%ずつ増加
・支払い後残高に利息付与(現状2%。変動で非保証)

 

非保証部分を確定するボーナスロックインオプション機能

返戻金は

  1. guarantee(確定保証)
  2. Reversionary bonus(毎年の運用益・複利部分)
  3. Terminal bonus(解約時のボーナス)

の合計で受け取ります。

 

1は保証されているものの、2と3は非保証(変額)部分です。

 

この非保証(変額)部分を条件に応じ確定し、受け取りを保証するオプションがボーナスロックインオプションです。

 

このオプションは2種類あります。

 

1.オートマティックロックインオプション

契約15年目以降もしくは被保険者55歳以上に達した時の遅い方から払込済み保険料の8%に相当する額を、Reversionary bonus(毎年の運用益・複利部分)とTerminal bonus(解約時のボーナス)から毎年自動的にボーナスロックインアカウントへ移動。

ボーナスロックインアカウントに移動した資金は、年利4.25%を付与。(利率は2021年時点・変動)

Reversionary bonusとTerminal bonusの残高が30%を下回るまで自動的に行われます。

 

2.マニュアルロックインオプション

契約15年目以降(被保険者は何歳でもOK)、Reversionary bonus(毎年の運用益・複利部分)とTerminal bonus(解約時のボーナス)からの10%以上の任意の%をボーナスロックインアカウントへ移動。

ボーナスロックインアカウントに移動した資金は、年利4.25%を付与。(利率は2021年時点・変動)

最高で合計80%まで移動可能で、1回オプションを行使すれば、次の利用まで3年のインターバルが必要。

(移動を希望する都度、申し込みが必要です。)

 

保険料免除制度あり

契約者・被保険者が事故や病気で高度障害に該当する場合、2年プランで最大50万米ドルまで/5年プランで最大35万ドルまで支払いを免除。

 

ー条件は以下の通りー

<条件1>

申込や譲渡時の被保険者・契約者の年齢が18〜60歳で、この制度を申請時の契約者年齢が75歳未満で高度障害に該当するとき

 

<条件2>

申込や譲渡時の被保険者が17歳以下、契約者は18〜60歳で、この制度を申請時 契約者が75歳未満で死亡または高度障害に該当するとき

 

※事故による死亡・高度障害は条件にあっていれば即適用。ただし病気による死亡や高度障害の時は2年の待機期間あり。

 

なお、高度障害の定義は

 

  • 完全に両眼視力を失う
  • 二肢または両上肢とも手関節以上、または両下肢とも足関節以下失ったか、またはその機能を全く永久に失う
  • 完全に両眼視力を失い、さらに上肢を手関節以上、または一下肢を足関節以上失ったか、またはその機能を全く永久に失う

 

なお、基本的な投資運用方針は

  • 2年プラン:債券25%〜75% / 株式25%〜75%
  • 5年プラン:債券25%〜50% / 株式50%〜75%

 

で運用ですが、その細かい配分やポートフォリオは非公開です。

 

設計書のご依頼などお問い合わせは  こちらのフォーム か、下のSNSなどからお願い致します。

 

© 2022 海外投資百科