メンバーサイトを閲覧できる方

以下の方で、ご希望いただいた方

・社員権をお持ちの方
・プロジェクトにご参加の方(社債購入含む)
・月額会費をお支払い頂いている方
・海外投資のサポートをさせて頂いている方
・ビジネスパートナーの方

メンバー及び社員権、メンバー限定サイトの概要

メンバーズサイト(ミライズコミュニティ)にご興味をもっていただき、ありがとうございます。

 

今、世界は大転換期。

2022年~2025年にかけて今までの常識や考え方が変わり、大きく動いていくことが予想されます。

 

なんとなくそのことを感じ取り、「大きく変化するような気がしているけど、どうしたらいいかわからない」と不安を感じている方も少なくないでしょう。

 

アメリカやヨーロッパはもちろん、中国を含めたアジアも大きな潮目であり、世界的に不安定な状態となることが予想されています。

(※この文章を書いたのは2021年12月8日でしたが、早速2022年2月24日、ロシアがウクライナに仕掛けました)

 

このような時、過去は戦争で国や都市、そこに住む人々を壊し、戦勝国がその価値観を植え付けてきました。

 

その結果が、資本主義と社会主義、西側と東側といった2分された価値観の構築につながっています。

 

世界は大きく変わりつつあることが皆様も感じていると思います。

一見、コロナで世界が変わったと思いがちですが、コロナはきっかけでしかありません。

 

 

世界が変わる中で日本はどこまで影響を受けるかまだはっきりとしませんが、準備しておく事は必要になると思われます。

 

大きな波に直接ぶつかって沈むのではなく、大きな波に乗り、かいくぐり、自分の人生を豊かなものにするべく取り組んでいきましょう!

 

「情報」と「行動」でこの大きな波を生かすのです。

 

 

メンバーズサイトでは、成幸人生を歩むための「プロジェクト」としてマネーリテラシーの向上や投資活用をしていただくための情報や学びを発信しています。

 

メンバーサイト概要

メンバーにご登録いただくと

・専用Webサイト

・メンバーだけのTwitter

でさまざまな情報を閲覧いただけます。

 

メンバーサイトでは以下のようなコンテンツで発信を行なっています。

 

【1】専用Webサイトで発信している内容

専用Webサイトでは

 

・マネーリテラシー向上のための学びのコンテンツや情報

・米国株についての専門家による優良な情報

・オルタナティブ資産として歴史ある金・銀・プラチナコインの情報とお得な買い方

・香港の保険やオフショアのヘッジファンドの商品情報と投資方法

・海外口座開設の情報や方法

・NFTアートで節税する方法

 

などを閲覧いただけます。

 

また、メンバーが実際に香港のIFAやオフショアのヘッジファンドを通じて投資する際は、契約取次から契約後のサポートなどを無料でお手伝いしています。

 

そして、このメンバーサイト(コミュニティ)が単なるコミュニティではなく合同会社の一部であることから、計画段階ではありますが投資組合を組成し、信頼できる仲間同士でビジネスサポートやファンドへの投資で直接 資産形成を行えるようにしていきたいと考えています。

 

 

つい先日には、2025年あたりからいよいよ量産体制に入る「空飛ぶ車」に搭載予定のバッテリー開発会社の新規公開株(未公開株)取得についての情報共有会も実施しました。

 

このバッテリーは「空飛ぶ車」だけでなく、世界各国から自然エネルギーの蓄電池として注目を集めていて、世界規模の事業となる可能性があります。

 

大事なことは、その会社に投資するかどうかではなく、そういう情報が入る立場にいることができ、自分の意思で決められるかどうかです。

 

このコミュニティメンバーになると、その立場になれるということです。

 

 

【2】Twitterで発信している内容

Twitterでは、日々のタイムリーな情報やWebサイトの更新情報や要点抜粋など、すぐにお知らせしたいことを発信していて、【1】のWebサイトの更新告知やポータルの役割となっています。

 

メンバーと社員権について

メンバー専用サイトは、私が運営する「合同会社ミライズ」の一部として活動しています。

 

単なるオンラインサロンとするよりも、コミュニティを合同会社の一部としている方が、今後の活動において参加される方々にメリットがあり、「49人ルール」などの法規制の面においても遵法だからです。

 

ただ、現時点では「49人ルール」を意識しなければならないような活動はまだ行なっておりません。

 

将来は、

  • メンバー
  • 社員権保有者

に分けなければなりませんが、現時点では特に意識していただく必要はありません。

 

将来、その時が来たらメンバーの皆様には有利な条件で社員権を持っていただきたいと考えています。

 

社員権についてもう少し詳しく知りたい方は 下の 「クリックして下さい」からお読み下さい。

+ クリックして下さい

合同会社に社員権を持つ意味

「社員」というと会社員(会社の従業員のようなもの)をイメージするかと思いますが、ここで言う「合同会社の社員」というのは株式会社でいうところの株主兼取締役にあたります。

株主(兼役員)のことを「社員」と言い、株券とか株式とか言われるものが「社員権」にあたると考えてください。

社員は資本家であり、役員を兼務することになります。

ただし、皆様にご参加いただく「社員」については労働役務はありません。

また、社員になっていただくことでの報酬や福利厚生もありません。

社員になる目的

合同会社ミライズの社員権を購入して社員になる目的は、遵法のもとで情報を共有するためです。

会社員の考え方だと、

  1. 会社に1万円出資する役員
  2. 会社に1億円の利益をもたらす営業マン

だったら、2の営業マンの方が会社にとって重要で役にたっていそうに感じます。

でも現実どうでしょう。

経営やその他の重要な情報は、まず役員や投資家(オーナー)に入り、それが優秀な営業マンを含む一般社員におろされます。

また、ある種の情報は、一般社員にはその人が優秀でも共有さえされないものもありますよね。

より重たく価値がある情報を受け取れるのは、優秀な営業マンと経営者のどちらでしょうか。

そもそも情報とは万人に平等にやってくるのではなく、「ある立場」や「ある条件」を備えた人の元に集まり、処理されるものでしたね。

その理由は「発信者の好みや都合」「受け取り手の器」の問題なのではなく、情報発信者が受け取り手を選別せざるを得ない「法律」があるためです。

特に、資産格差を生む情報格差は、この法律があることで生まれるものだったのです。

50人ルール

日本の今の法律や制度によると、お金にまつわることは、「広く告知」して呼びかける(募集する)ことができないようになっています。

  • ビジネスに必要だからお金を広く集めたい
  • ファンドを生成して出資者を募りたい

それを実行しようと考えた瞬間、お金の集め方、募り方を考える前に、いかにして法律をクリアするかを意識せざるを得なくなります。

例えば、ビジネスに出資者を募る場合、HPやプレスリリースで不特定多数に告知することはできません

なぜなら、「50人ルール」というものがあるからです。

50人ルールとは49人にしか募集告知をしてはならないというもので、実際に募集に参加する人数ではなく「告知できる人数」であるために、49人に声をかけたところで参加者ゼロ といった状態であっても、それ以上に声かけできないというものです。

また、これとは別に、

  • 契約ベースで49人まで参加可能な先ほどとは別の「50人ルール」
  • 499人まで「公募」できる「500人ルール」も存在します。

もちろん、募集については資格登録を持っている人が行わなければなりません。

まとめると

  • 49人までしか募集できない(参加者ではなく募集自体が49人まで)
  • 49人までの限定でしか参加者を集めることができないが、公募することができる
  • 499人まで集めることができるし、公募のできる

という法律があるのです。

今回募集する株主兼取締役にあたる合同会社の社員権というのは、公募も可能で499人まで参加いただくことが可能なのです。

そこであなたが社員権を購入し「役員として参加する意味」についてですが、先ほど、「より重たく価値がある情報を受け取れるのは、優秀な営業マンと経営者のどちらでしょうか」という問いかけをさせていただきました。

この答えは、御察しの通りです。

社員権を購入し合同会社に参加することで、あなたも会社が受け取るインサイダーな情報を、役員の立場で共有いただけるということです。

 

参加条件

メンバー参加の条件は、以下の通りです。

 

・サイトを閲覧できる環境(PCやスマホ)をお持ちであること
・できれば ツイッターアカウントをお持ちであること(必須ではない)
・共有される情報を口外しない約束ができること(守秘義務に関する契約)
・参加費の支払い(Paypal)に使用できるクレジットまたはデビットカードをお持ちのこと

 

参加費は、1ヶ月あたり1000円(税込)です。

1ヶ月だけ試して「思っていたのと違う」と思えば、ご自身で簡単に退会できます。

 

▶︎ お申し込みはこちらから

 

 

© 2022 海外投資百科