プロフィール

海外投資をはじめたきっかけ

この記事では、私が投資(特に海外投資)をはじめたきっかけについて書いています。

 

投資を始めるきっかけは うつ でした

私が投資(特に海外投資)に真剣に取り組み始めるきっかけとなったのは、メンタル不調が出たからでした。

 

メンタル不調の代表的な病気 うつ については、一般の人よりも多少知識はあったと思います。

なぜなら、派遣スタッフでメンタルの不調を抱えている人が非常に多く、また自身も産業カウンセラーの勉強で調べたり研修会に出たりしていたからです。

 

私の場合、正式には うつ病 の診断をもらったのではなく「自律神経失調症」という曖昧な状態で、いちおう 診断書 をもらっただけなのですが。。。

 

みなさんは、うつ状態 をはじめとするメンタル不調についてどのように思いますか?

 

最近ではこうしたメンタルの不調にも随分理解も進んで、「怠けているだけ」といった評価は少なくなってきたような気がしますが、実際にはどうでしょう?

 

同じ職場で働く仲間が、

  • 何度も同じミスを繰り返す
  • 物忘れが激しい
  • ちょっとしたことで怒ったり涙したり、感情コントロールを失う
  • 体調が悪いといって遅刻や早退、欠勤を繰り返す 

そんな状態のとき、

 

忙しいのに余計な仕事を増やしやがって・・・

体調が悪いなんて、自己管理がなってないだけ・・・

あいつ、早く辞めてくれないかな・・・

 

こんなふうに思いませんか?

 

誰でも うつ状態 になることができます

人材派遣会社で採用業務を中心に担当していたわたし。

 

2009年のリーマンショックでは、派遣スタッフだけでなく、上司や先輩を含む正社員・契約社員のリストラ業務も担当しました。

 

派遣スタッフでは、派遣先の要望に基づいて雇い止め。

覚えていらっしゃる方も少なくないと思いますが、行き場を失った派遣労働者などのために公園に派遣村ができ、炊き出しや配給が行われました。

 

私たちの会社にも、不当解雇だなどと言って支援団体からのものを含め、たくさんの抗議が来ました。

 

でも、私たちには正直、そんなものはちょっとうるさいだけで、怖くもなんともありませんでした。

なぜなら、会社が対応するからです。

 

それよりも私が疲弊したのは、

  • お世話になった先輩
  • 目をかけてくれた上司
  • つい半年前に雇ったばかりのシングルマザーの方
  • 難病や障害を抱えた子を持つ人
  • 進学などお金がかかる時期を迎える子を持つ人

などに対して、「自己都合」で辞めていただくように持っていく作業でした。

 

主な手法としては、

  • 無理な転勤を提示し、従えないなら・・・
  • パワハラ、セクハラ疑惑をふっかけて・・・
  • 社内風紀を乱す行為(不倫など)を指摘して・・・
  • 問題にしてこなかった目標未達を蒸し返す

などを用います。

 

どこの企業もそうなのか・・・ は知りませんが、意外なほど会社は個人の素行や生活状態について把握していました。

まるで、いつでも使えるようにネタをストックしているかのようでした。

 

このリストラ作業を約10ヶ月で終えた頃、ある東北地方の現場が派遣スタッフと管理のための正社員の減らしすぎで回らなくなりました。

 

そこへの採用や現場管理の応援に行き、昼夜問わず仕事。

このころ、月間430時間程度の労働がおよそ8ヶ月程度続いていたのですが、そうこうしているうちに心身を壊しました。

 

当時通ったメンタルクリニックの先生によると、長時間勤務は必然的に睡眠時間が確保できなくなるので、それくらい働くと誰でもうつになります。

とのことでした。

睡眠って、心身の健康を維持するために、とても大切だそうです。

 

 

ちなみに、人によるのですが、うつになるとこんな症状や状態になります。

🔽

(参考)⇨ 【要注意!】うつになるとこうなります(私の場合)  

 

🔼 の記事で書いたようなことが心身に表れ始めて数ヶ月、私は限界に達しました。

 

 

もう仕事をやめよう・・・

このままでは廃人になってしまう・・・

 

 

でも、

生活費はどうする?

次の仕事はちゃんと見つかる?

といった不安ばかり。。。

 

そっか!

死んでしまえばお金を稼ぐ必要もなくなるのか!

などと考えてしまいます。

 

 

そんな状態の時に普段使わない銀行口座にお金が溜まっていることに気がつきました。

時に思い出したのが、

以前、お世話になったバーのマスターがおしえてくれた投資案件(社債権)からの配当でした。

 

 

社債からは毎月、多くはないもののきちんと振り込みがありました。

(いや、正確には数回 約束の日に遅れることはありましたが)

 

そして、多少の退職金や失業保険などもあり「少しの間、働かなくても最低限の生活はできるかな・・・」という思いで、退職を決意したのでした。

 

 

マスターに勧められて社債を始めた頃は投資という感覚は薄く、銀行に預けるよりはいいかなという思いのみ。

 

それが、心身を壊し、人生の休憩に入ることへの力強い後押しになりました。

 

そのことが投資の力を感じることとなり、これをもっと人生に活かしたいと思ったのが、投資を学び実践するようになったきっかけです。

LINE公式でも情報をお送りしています!

LINE公式でお友達に!

お金や経済、海外投資について情報を発信しています。下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにご登録ください。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

-プロフィール

© 2022 お金の学び 情報サイト