【プロフィール】

▶︎私が重視している人生における指針

海外投資をもっと身近にし、活用していただきたいという思いのもと、

このWebサイト

「〜海外投資をもっと身近に〜 お金を守って増やす海外投資百科」 を運営しています。

過去、人材派遣会社や個人事業主として自社や取引先の人材採用業務を担当し、現在は法人化して採用や教育業務を行なっています。

私自身、お金のリテラシーがないためにお金のことで苦労をし、ずいぶん遠回りをしてきました。

そんな私が2016年に HSBC香港に口座を開設、その後 国内の個人年金保険からの乗り換えで 2018年には香港の貯蓄運用保険を契約。

それをきっかけに、米国株式投資や海外積立、ヘッジファンドへの投資を行うようになり、その過程で得た情報や経験を発信するうちに香港のIFAや海外投資経験豊富な方々との出会いをいただき、海外を活用した資産の形成や運用をしたい人たちをサポートするようになりました。

わたしは基本、投資が好きです。

それは、そこに未来への可能性を感じるからです。

 

お金に関して学びを深めるうちに、海外には日本では考えられないような増え方をするものや、元本確保の仕組みがあるものが数多くあることを知り、お金を守りながら増やすには海外も活用するのが効率がいいと考えるようになりました。人口が減っていき、経済的にも伸びなくなった日本より、これからもますます人口が増えていく外国の方が成長性ありそうだし、投資するなら日本より海外が良さそうという考えで海外投資に関心を持つ人も少なくありません。

また、日本は金融に関しては他国よりも規制が強く、海外の方が魅力があると感じる方も多いです。

その一方で、海外になんとなく不安を感じたり、為替リスクもあるし・・・という方もおられます。

▶︎オフショアって?

もっと早いうちに知っていたらよかった

投資や保険の話って若いうちは自分ごととして捉えられず受け入れにくいのに、ある程度以上の年齢になると「もっと早く知っていれば」となりがち。

実際わたしも、「もっと早く知りたかった・・・」と思いました。

わたし自身がオフショア保険に加入するきっかけとなった香港の保険は 「FTライフリージェントプレミア2」

▶︎ FTライフ リージェントプレミア2 の商品概要はこちら

正式名称はリージェント2プレミアバージョンと言いますが、当時(2018年)は香港に行かないと契約できませんでした。

当時わたしは、フコク生命の個人年金保険に加入していました。

でも、リージェントプレミア2の内容を見てその差にびっくり。

契約していた個人年金保険を多少損しながらも途中解約し、LCC(香港エクスプレス)で羽田を深夜2時ごろに経ち、午前中に手続きを終えて美味しい飲茶を一人で食べ、パワースポット・黄大仙(ウォンタイシン)を参拝し、夜0時前に羽田に降り立つというほぼ日帰りでリージェントプレミア2を契約してきました。

思わず後悔!もっと早く知りたかった香港の保険 日帰りで契約してきました

続きを見る

香港と日本の「保険に対する認識」の違い

  • 香港の保険の常識は、資産を運用で守り、増やし、次世代へ繋ぐ
  • 日本の保険の常識は、リスクに対しての回避アイテム、貯金がわり

どちらが良いとか悪いとかではなく、考え方やお金の預け先、使い道としてどちらが幸せになりそうか・・・ で判断しました。

世界を見回すと、日本の常識では計り知れない考え方があるものですよね。

(よく、投資をする際は宇宙から地球を俯瞰するイメージで、どこにお金のパワーが集まっているかを見極めるべき などと言いますよね)

リージェントプレミア2の「ギャランティ(保証)」の欄を見ると、私が加入していた個人年金とは格段の違いがありましたので乗り換えたわけですが、必ずしも万人が「香港の保険が絶対に良い」と感じるとは限りません。

でも、比較の価値はありますので気になる方はぜひイラストレーション(設計書)を受け取ってみてください。
設計書のご依頼などお問い合わせは  こちらのフォーム か、下のSNSなどで情報収集してからメッセージなどでお願い致します。

 

【海外投資を行う方法】

海外投資を始める方法として、おおまかに2つのパターンがあげられます。

  1. 国内金融機関が取り扱う外国株式や投資信託、債券などの金融商品を利用する
  2. 日本国内で販売されていない金融商品を、外国の金融機関で購入する

です。

このブログでは主に 2 について自分自身の経験を踏まえてその情報を紹介します。

といっても、金融庁の認可がない海外の金融商品を販売すれば法律違反になることから販売は一切行わず、情報の提供を通じて IFAやヘッジファンド(ファンド取扱会社)との接点を持つ方法であったりアイデアをご紹介します。

もしご自身の意思で投資をされる際は、手続きやお問い合わせ、ご質問に対するサポートをさせていただくことにしています。

海外投資の始め方(契約の手順)

続きを見る

 

【気になることの解消を目指して】

私自身はラッキーなことに、とても素敵なご縁をいただきその繋がりで香港の保険を契約することができました。

ただ改めて周りを見回してみると残念なことに、情報提供や契約サポートまではとてもしっかりされているものも、その後 音信不通になってしまう紹介者や、情報提供の際に意図的に間違った情報を提供したり選択肢を意図的に隠したりと、いい加減な人や会社が多いように感じています。

今までもそう言った体験をした方からお問い合わせをいただいたりすることが、少なからずあります。

オフショア投資、海外保険、海外ファンドというと日本ではあまり一般的ではないため、得られる情報が限られます。

また、「ヘッジファンド=金の亡者・ハゲタカ」といった誤った印象を与えるような発信の仕方をするようなニュースがあります。

自分自身の経験からも、海外を資産運用や形成に活用するのはさまざまな心配やリスクがありますが、それをはるかに上回るメリットがあります。

役立つ情報をお伝えし、お金のためにその人を煽ったり騙したりすることなく、海外投資を活用してよりよい人生を歩む仲間を増やしたいというのが、このブログを通じた活動の趣旨となります。

 

情報発信

保険やファンドの情報や世界のニュースでお金のリテラシー向上につながること、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガやTwitter、LINEでお伝えしています。

ぜひフォローしてください!

メルマガ登録はこちらをクリック
⬇︎

Twitterフォローはこちらをクリック
⬇︎

LINEはこちらをクリック
⬇︎

◆(元)兼業バーテンダー なつき のブログ ◆

「なつき」と名乗って、会社員とバーテンダーの兼業をしていた頃に、投資家であるマスターから教わったことやお客さんに聞いた話のことを少しずつ書いています。

よかったら、覗いてみてください。

◆ (元)兼業バーテンダーなつきが マスターから学んだ お金持ちになるための知恵と考え方と投資法

◆ 【ほぼ実話】兼業バーテンダー なつきが綴る 人間模様あふれるほぼノンフィクションのストーリー

 

メンバー専用サイト

メンバー専用サイトでは、海外ファンドや保険商品の具体的な商品概要や米国株に関するコンテンツ、学びになる音声セミナーなどをご利用いただけます。

月額制で、1ヶ月単位で登録いただけますので、まずは気軽にご登録ください。

メンバー専用サイトの登録について詳しくは、こちら をご覧ください。

 

© 2022 海外投資百科